明日の奈良の『共創』に向けて、特別プロジェクトを発表いたします

報道関係者各位
学術関係者各位
デザイン・アート関係者各位
マーケティング関係者各位
奈良のコンテンツホルダー各位

そして、奈良に関わるすべての方へ。

2018年1月23日に、弊社代表の森下真樹が「奈良県活性化プロジェクト」を執り行う『一般社団法人 奈良ネクスト推進協議会』の理事に就任しましたことをお知らせします。

そこで、社内のWebマーケティングチーム「青峰院」を含み「奈良ネクスト」と共に、共創プロジェクトを開始することを、ここに発表いたします。
また、ここには奈良県に所縁のある皆さまのお力が必要です。
そのために、本企画のために召集された専門家の方々のお力をお借りした上で特別プロジェクトチームを編成し、本プロジェクトを成功へと導くことを、ここに宣言いたします。

本プロジェクトの根幹は共創

本プロジェクトの根元にあるもの。
それは【 共 創 】です。
この競争社会の中で、皆で共創することに意義があると「奈良ネクスト」も「青峰院」も考えています。

本スペシャルプロジェクトの初動は、まず社団法人「奈良ネクスト推進協議会」が運営するWebサイトの完全リニューアルから実施いたします。
(新しいオウンドメディアは、2018年4月公開を予定しております)

県民が誰でも参加でき、共創できるコンテストを開催いたします

Webサイトの完全リニューアルに伴い、サイトで使用する「ロゴマーク」や「ロゴタイプ」や「写真」を、共に創っていただける方を募集し、コンテストにて採用作品を決定いたします。

デザイン・アート関係者の方はもちろん、一般の方でもカメラやスマホさえあれば、写真部門にカンタンに応募できます。

募集作品は、魂のこもったロゴと写真です

Webサイトで使用するロゴマークのテーマは、共創がイメージできるもの。
ロゴタイプのテーマは、奈良の「墨」で激しく描いた「 共 創 」の2文字です。

写真部門については、一切の制限を排除し、自由な表現、個性を発揮していただきます。
奈良全域の好きな風景写真を撮るも良し、奈良で好きなバショ・コト・モノを撮るも良し。
著作権や知的財産権、肖像権等が絡まなければ、なんでもOKです。
あなたのカメラに魂を込めて、ぜひご応募ください。

コンテストの審査方法と審査員

共創がテーマですから、審査員も奈良に住む方々であるべきです。
Webサイト上で、応募作品を公表し、インターネットに繋がる環境さえあれば、誰でも審査員になれるシステムを導入いたします。
応募するのも、審査員を務めるのも、奈良に住む「あなた」です。

奈良ネクストは、コンテストに何を求めている???

今回のコンテストに「奈良ネクスト」が求めているのは、古都「奈良」という古き良き時代を象徴する、バショ、モノ、コトに、斬新なアイデアを掛け合わせたものです。
「なんか難しいこと言ってるな・・・」と深く考えないでください。
あなたの感性や個性と、奈良を組み合わせるだけでいいのです。
もちろん、老若男女一切問いません。

情報は知ってもらってこそ価値がある

情報過多と言われる現代。
それなのに、知らないことが多すぎるという矛盾。
この矛盾を解消すべく、奈良ネクストでは、できる限り奈良ネクストならではの独自コンテンツを提供していきたいと考えているわけです。

良い情報はみんなで共有すべきもの。
そして、隠れた情報は、広く広げていくべきなのです。
そこで奈良ネクストではあえて、皆さまがマヒしてしまっている、ソーシャルメディアの最適活用と、地域における情報拡散の重要性を再提唱して参ります。

Facebookのエッジランクってご存知ですか?

ちょっとWebやSNSに詳しい方なら聞いたことがあるかもしれません。

エッジランク【英】EdgeRank
エッジランクとは、Facebookのニュースフィードにおいて、ハイライトに掲載する投稿をユーザーごとに最適化するためのアルゴリズムである。
エッジランクは、主にユーザー同士の新密度、投稿に対する他のユーザーからの評価の度合い、投稿の新しさなどの要素により、スコア付けされるといわれている。
よりスコアの高い投稿ほど、ハイライトに掲載される確率が高くなり、それによってユーザーの注目を集めやすくなる。
エッジランクを向上させることでFacebook内の露出度を高め、トラフィックの向上やプロモーション効果の増大を図る一連の施策を、「FEO」(Facebookエッジランク最適化)などと呼ぶ場合もある。

引用元:IT用語辞典weblio

このエッジランク機能を知りうまく活用することで、奈良県内での友だち繋がりを、より強固なものとすることが可能なのです。
この技術、実は悪用することも出来てしまうわけですが、理屈さえわかっていれば、絡んでくる人がエッジランクを上げたいだけなのか、そうではなくあなたの投稿に本当に興味があるのかが分かるのです。

日本最古の都で生まれた青峰院が掲げる、青峰院式トライアングル・マーケティング

「奈良という地域」・「奈良ネクストご利用ユーザーの皆様」・「運営社団法人の成長とさらなる地域貢献」
このトライアングル、三方良しの仕組みを共創により構築することで、関わるすべての方々が多大なる恩恵を得られる、奈良県で選ばれるWebサイトが完成するわけです。

最後に

コンテスト参加希望の方や、コンテスト賞品提供企業様、報道関係者の方は、お問い合わせフォームよりメッセージをお送りください。
詳細のご案内ページ制作が完了次第、メールにてお知らせいたします。
奈良というバショ、そこに住むヒト、提供されるモノやコト。

このすべての発展のために、皆さまのご協力を心よりお待ちしております。

トライアングルマーケティングとSEOハッカソンを提唱する
情報戦略型Webマーケティングチーム「青峰院」
ジェネヴィスパートナーズ株式会社
統括責任者 KR